病気やケガなどのために満足に働くことができなくなってしまった場合には、障害者年金を受給することができることになっています。もちろん一定の要件を満たしていないと受給することができませんが、その申請手続きはかなり厳格で煩雑なものとなっています。しかし、手続きをするために、不自由な体を引きずって何度も役所や病院を訪れるのはかなりの負担です。

 そんな時に頼りにすることができるのが社会保険労務士です。社労士に依頼すれば病院や役所へ代理で行ってもらうことができますので、余計な負担がかかりません。さいたま市にあるせりざわ社会保険労務士事務所では、アクセスの便の良さを生かして東京在住の人の依頼にも対応していますので、良い社労士を探しているという人は一度電話で相談してみることをおすすめします。