JR高崎線の熊谷駅から高崎行きの電車に乗って、2駅目の深谷駅で下車してから徒歩25分ほどの場所にある瑠璃光寺は、深谷市内で屈指の古刹として有名です。平安時代初期に創建されたと伝えられ、境内には歴史的に貴重な文化財が多くあり、永代供養墓もあります。

瑠璃光寺の本堂は過去に何度も火災で焼失を繰り返した後、大正時代に再建されたものですが、堂々たる風格がある寺院建築です。瑠璃光寺は旧中山道の深谷宿の近くにあるため、昔から街道歩き中に訪れる人も多い寺院です。

境内にある定門は1589年に竣功したもので、深谷市内で最古の建築物です。本堂を中心とする見事な伽藍と静かな環境が魅力の永代供養墓があり、熊谷や本庄方面からの参拝者も多い寺院です。

瑠璃光寺は天台宗に属する寺院で、厄除けや開運祈願のための護摩焚きを行っていることでも知られています。