会社の規模が小さいうちは、経営者自らが従業員の給与計算を行ったり、社会保険や労働保険の手続きなどを行うようにしていたとしても、さほど支障がないかもしれません。しかし、会社がある程度の規模以上になってまでその状態を維持し続けていると、本業に支障が出てきます。給与計算に時間を取られていたために、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまうようなことがあっては大変です。

 そうは言っても、そのために新たに従業員を1人雇い入れるということになると、かなり人件費がかさみます。東京都内で会社を経営している方が、そのような悩みを持っている場合には、社会保険労務士法人アシストワンはとりに相談してみることをおすすめします。アシストワンはとりのサービスを利用すれば、人件費にかかるコストを節約することができます。