夫婦関係が悪化した場合、感情に任せてすぐに離婚届にサインしてしまう人がおりますが、サインするのは、全ての問題がクリアになってからにするべきです。

届けにサインするよりも前に、親権をどうするかや、養育費の金額や支払い方法、婚姻中に築きあげた共有財産の分割方法、年金分割、荷物の処分、慰謝料の金額など、決めておかなければならないことがたくさんあります。

 船橋市にお住まいの方が、離婚トラブルの渦中にいる場合には、牧野法律事務所に相談してみるとよいでしょう。当事者のみで様々な条件を決めてしまうと、いろいろ不備な点が生じやすいので、後から紛争となってしまうケースが少なくありません。弁護士のサポートを受けて、離婚に関わる合意を全て公正証書にすしておくことをおすすめします。